不倫に興味ありますか?皆さんは不倫の出会いに興味があるでしょうか。
婚姻関係でもなく恋愛関係でもない付き合い方というものを一度は体験してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、不倫についていくつか触れていきたいと思います。
また最近話題の不倫SNSサイトとして人気のある『アシュレイマディソン』についても、登録方法や料金のシステム、口コミ情報などをご紹介していきたいと思っています。

知らないよりは知っておいたほうが他の不倫掲示板や不倫SNSといった「浮気専用サイト(ふりんさいと)」をご利用になるときにとても有効的だと思いますよ。

不倫の関係について

不倫ドラマ昼顔妻不倫とは、片方もしくは双方に配偶者がいるという環境の中で、性的関係含む交際をしているパートナーがいるという状態もしくわその行為のことを不倫と言います。

今では、テレビドラマの題材(最近では昼顔妻といったドラマが有名かな?)などに取り上げられていることも多いので、不倫サイトを使ったことがなくてもご存知の方も多いでしょう。
不倫がドラマに取り上げられるほど身近なものになっているということは、不倫行為自体が世の中の方々のあいだでも一般的なことになってきているのではないでしょうか?

というのも日本で「不倫」という言葉が一般に定着してきたのはつい最近のことで、1983年(昭和56年)にTBS系列の放送局で放映された「金曜日の妻たちへ」というドラマの中で使われていたのに起因します。
ではそれまでの不倫関係についてはどのように言われてきたのでしょうか?

古くは江戸時代に遡ります。
その時代は「姦通」や「不義・密通」というような表現方法が用いられており、当時は姦通罪として罪の中でもかなり重い罪に当たる場合が多かったようです。
今から考えると恐ろしいことですが、女性の不義密通による姦通罪の場合、最悪のケースだと死刑となることもあったようです。(今現代でも中東などでは、宗教的な要因で女性の不倫は死刑になることもあるようですが)

では、なぜ不倫は厳しく罰せられるようになったのかを調べてみると面白い情報があったので、紹介したいと思います。
まず下記の引用文をご覧ください。

九百六十八番  伊勢
久方の中におひたる里なれば  光をのみぞ頼むべらなる
出典元:古今集966

いったい何の文章だろうと思うかもしれませんが、この文章は平安時代に書かれた古今和歌集という書物に書かれた和歌の一つですが、その和歌の中には不倫や略奪愛といったものについて詠まれたものもあるのです。
まぁ上記の引用文はその異質な愛について詠まれた和歌の一つです。

人間って今も昔も変わらず不倫に明け暮れていたのかもしれませんね。
その中には不倫という言葉自体は出てきませんが、当時は旦那がいない隙に家に寄っては婚外性交に及ぶといったことが意外と多かったようで、さらにはそれがバレたとしてもそんなに咎められることもなかったようです。

では何時ごろから厳しくなったのかというと、武士が政権を握るようになった鎌倉時代以降だとされています。
理由は明白で、旦那(武士)がいない留守中に妻が他のオトコと関係を・・・と想像すると戦どころではない!といった感じでしょうか、不倫というものはイケないことだと共有されるようになったのです。

この流れが江戸時代に入るとさらに加速し、不義密通による不倫関係にある男女はどちらも死刑と制定されたのです。
恐ろしいことに旦那が仕事から家に帰ると間男(嫁の不倫相手にあたる男性のこと)と女房がイチャイチャしている現場を発見した場合ですが、相手の男性を殺しても問題なかった時代なのです。
今現代もこのルールが残っていたらおそらく不倫関係にある男女は少なかったかもしれませんね。

ちなみにお隣の国、韓国では2015年2月26日までは姦通罪が適用されていました。
もちろん死刑といった不倫で命を落とすことはないのですが、最高で懲役2年の罰が課せられて経緯があり容易に不倫するということは難しかったのかもしれませんえ。
しかし、先進国の多くが姦通罪を時代遅れとして捉えており韓国でも最近の裁判官の多くが、不倫行為による姦通罪は違憲だという考えを持つ人々が増えてきており2015年に事実上廃止された法律でもあるのです。

参考に韓国の不倫事情に関する動画を貼っておきます。

不倫の関係を築くには

実際に不倫をしているという方々は、どのように出会い、またどのような関係を築いたのでしょうか。
もちろん、日常的な関係から不倫関係へ進展するという場合もありますが、最近ではパソコンやスマートフォンが社会一般に普及することで、インターネットの不倫掲示板やフリンサイトを利用して今までよりも容易に出会いを作るという方もいらっしゃるのです。

例えば出会い系サイトと呼ばれるものですとか、不倫専用の掲示板サイトなどがこれにあたります。
幅広い角度からパートナーを見つけることもできて、理想の関係を築くことが出来るというところから活用しているという方もまた多いようです。

基本的に、秘密の関係となりますので、そうした側面においても生活の中で接点が無いというところからインターネットを利用して関係を結んだほうが良いと考える場合もあるでしょう。

ネットを使って出会い探し

お互いに納得確認が必要

不倫関係を続けていくには、お互いの条件に対して納得し合い確認しあうことが重要となってきます。
これが、秘密を守るという事に繋がっていくのです。
恋愛とは全く違うものですから、こうした部分もまた不倫の特徴といえることでしょう。

最初に納得できる範囲で話し合いをせずにズルズルと不倫関係を続けていると、思いもよらないところから家族や友人だけでなく会社などに不倫がバレてしまい全てを失ってしまう可能性だってあるということを知っておきましょう。
不倫には少なからずリスクというものがあるということです。

インターネットサイトを取り入れる

先にも触れましたが、インターネット上で出会いを求めるという場合、不倫関係というところに重きを置くようでしたら不倫専用のサイトや掲示板サイトを活用すると良いでしょう。

スマートフォンなどのモバイルアクセスでも使いやすいものもたくさんあります。
極力、マメにログインをしていただくことがパートナーゲットの近道ですので、自分自身にあったものを取り入れましょう。
また、SNSタイプの不倫サイトを活用して楽しみながら相手を探すというのも良いかもしれません。

不倫サイトを選ぶ基準

不倫サイトを選ぶ基準
不倫サイトはしっかりとクオリティーを見極めてから登録するようにしましょう。
このような出会い系サービスは、会えるところと会えないところがはっきりしています。
手当たり次第に10箇所以上登録するよりも、優良なところたった1箇所に絞ったほうがずっと効率的です。

特に考慮したい点は以下のとおり。
全部が当てはまっているところは多くありませんが、特に上にあるものほど大切なため、優先して探してみましょう。

■ たくさんの男女が利用しているサイト

沢山の男女当然のことですが、人間同士の出会いなのですから、ユーザーがいなければ果たせません。
しかし、意外とこのことを忘れがちな方が多いようです。

その理由が「穴場」という言葉に釣られる男性。
不倫サイト含む出会い系サービス全般において、そのような場所は存在しません。

活動場所は、誰もが知っており、ユーザー数が多い場所を選びましょう。
そのようなところで出会えなかったとしても、サイトの質が低いわけではありません。
プロフィールの作り方やメッセージの送り方、あるいは根気など自分自身に足りものがあったためです。

■ 知名度は他の何よりも優先する要素

「有名なところを登録しておけば間違いなし」ということはけっして極論ではありません。
ただし、悪評ではなく良い評判であるということは当然の前提です。

知名度が高いということは多くのユーザーが使っているということ。
それだけ出会いの確率も高くなります。
また、たくさんの人に利用されているということは、それだけサービスのクオリティー自体が高いということにもなります。

このことから、知名度は他のどのような判断要素よりも優先されます。
不倫サイトを探す時は、まずどこが人気なのかから調べてみましょう。

ただし、有名どころでもある事件を境に一気に問題になることもあるため、その点だけは注意が必要です。
情報漏えいや運営者逮捕などが一例です。

■ 運営元がはっきりしているサイト

運営は大丈夫?のような組織が提供しているのか分からないようなところは、使わないほうが良いでしょう。
詐欺被害に遭うリスクがありますし、サクラや業者ばかりで本物の異性と全く知り合えないことも考えられます。

会員登録前の事前調査は必須です。
会社が何という名前で、どこにオフィスがあり、責任者は誰なのかぐらいは調べておきましょう。
これらは載っていること自体に意味がある情報です。
記載がなかったり曖昧だったりすれば、ユーザーや警察の目を逃れるためにわざとそうしていることも考えられます。

■ 料金が適正なサイト

値段が法外なところを使いたくないことは当然でしょうが、逆に安過ぎる、もしくは無料のところも注意しましょう。
お得さでユーザーを釣って、詐欺を働くような業者がたくさんいるためです。

もちろん、全部が悪質なわけではありません。
中には詐欺などを働くことなく、広告などの収入で経営を維持できているところもあります。
しかし、そのような場所は数が少ないため、やはり適正な価格でサービスを提供しているところのほうが無難です。

参考としてはメッセージの送信代がもっとも分かりやすいでしょう。
大手の有名なところでは、だいたい50円~150円ぐらいが多いようです。

アシュレイマディソンの料金

ほとんどはポイント制を導入しているため、日本円でいくらかをしっかりと計算しましょう。
「1通につき20ポイントで安いと思ったら、1ポイント10円だった」ということがよくあります。

■ プライバシーを守ってくれるサイト

安心安全にセフレを探すためにも、プライバシーの保護はとても重要です。
自分自身が上手にやっていたとしても、運営が個人情報を漏らすようでは意味がありません。
たとえば、以下のような取り組みをしているなら信用度が高いと判断して良いでしょう。

  •  名前やメールアドレスが公開されない 

    本名だけでなく、電話番号やメールアドレスなど本人を特定しかねない情報を公開するようなら使わないほうが良いでしょう。
    特に出会い系サービスにおいては、フリーメールアドレスが使えず、DoCoMoやauのようなキャリアのものを使わなければならないことがほとんどです。
    万が一公開されてしまった時のバレる確率がかなり高いはずです。

  •  SSL通信を採用している 

    SSL通信とは暗号化通信の1つで、送受信している内容が第三者から見られなくするものです。
    ネット回線は多くの方がシェアして使っているため、やり取りしているメッセージの内容などはすぐに盗聴されてしまいます。
    特に会員登録時の本名やメールアドレス、クレジットカードの番号などが盗聴され、悪用されてしまったという事件が後を絶ちません。
    そのようなことを防ぐためにも、SSL通信でプライバシーが守られているところを使いましょう。
    このような情報は、各不倫サイトの最下部や会社情報、コンプライアンスなどのページに小さく書かれています。

  •  クレジットカード決済で代行業者を通している 

    料金をクレジットカードで払う場合、明細に不倫サイト名が載っていたら一目でバレてしまいます。
    決済代行業者を通して内容をはっきりと記載しない配慮ができているところを使いたいものです。
    ただし、そもそもクレジットカードは悪用されれば架空請求などの被害も考えられるリスキーなツールです。
    「使ってみて大丈夫だった」という事後確認ではなく、利用規約などを見て事前にしっかりと把握するようにしましょう。

■ メールの書き込み制限をしているサイト

あまり取り入れているところは多くありませんが、「8時間に1回しかメールを送れない」などの投稿制限を設けているところがあります。
一見不便に思えるかもしれませんが、これが女性にとってかなり嬉しい制度です。
不倫サイト含む出会い系サービスでは、女性ユーザー1人にたいして何十通、何百通とメールが届くことが日常茶飯事です。
目を通すことも大変ですが、本当の問題はそのほとんどが心のこもっていない量産メッセージであることです。

メール制限機能男性の中には、「とにかくヤれたら良い」と考えて手当たり次第にコンタクトを送るような方が少なくありません。
女性としては、そのような失礼な相手とは絶対に関わりたくないものです。
そこで導入されたものがメールの制限。
数時間に1通しか送れないことから、誰もが「誰に送ろう」と慎重になります。
そして、1人1人のプロフィールをしっかり見て、本当に気に入った相手にしかアプローチしなくなるわけです。

本気の人からしかコンタクトされないことから、女性が目を通す手間もストレスもなくなります。
このようなルールは男性としては使いにくいかもしれません。
しかし、異性ユーザーが増える要因になっているため、我慢して使ってみると結果的に出会いまでの時間が他よりも短くなっているかもしれません。

■ 登録後すぐに表示されることのないサイト

会員登録するとすぐにプロフィールを作成し、女性にアプローチすることが普通ですが、中にはしばらく経ってからでないとメールを送れないことがあります。

これは、サイトの管理人がユーザーを審査しているためです。業者でないかをチェックをしたのちに表示されるようになっているため、悪質ユーザーの排除に努めている優良なところだと言えるでしょう。

最近話題の海外大手の不倫SNSサイト『アシュレイマディソン』を使ってみる?

アシュレイマディソンはカナダに本社を置く世界最大の不倫SNSサイトとなっています。
海を越えてここ日本に進出してからは、多くの不倫希望者をユーザーとして登録させて実際に不倫関係に発展させるまでに至っています。

そんなアシュレイマディソンを使って不倫のパートナーを探してみませんか?
大手の不倫SNSアシュレイマディソン■アシュレイマディソンでは相手に対して安心できる印象を与えるように!
不倫はやはり秘密の関係ですから、互いを信用していなくては成り立たない関係です。
サイト内のやり取りであっても、誠実さをアピールしていくというのが先ずはポイントとなってくるでしょう。

■理想のパートナーを見つけよう
比較的に簡単なスタンスでパートナーを見つけることが出来ますので、興味があるという方はアシュレイマディソンの世界を覗いてみても良いかもしれません。