不倫はどこから?男女で違う不倫の原因と境界線

不倫や浮気という異性問題はいつの時代も絶えないと感じますが、特に不倫は浮気よりも罪が重くとらえられることが多く、実際に裁判になることもあります。
数々の不倫に関する名言も登場しているほど奥が深いものとしても認識されていますが、男女の間では不倫についてどのようなボーダーラインの違いがあるのでしょうか。

日本の法律上で言う不倫とは?

近年ではドラマや映画で不倫をテーマにしたものが増えていて、不倫のボーダーラインも少し変化しているのではないかと感じられることがあります。

日本の法律上では不倫という言葉ではなく、「不貞行為」と言いますが、法律上ではどのような状態が不倫なのでしょうか。
不貞行為の定義から見ていきましょう。

不倫の定義でいうボーダーライン

不倫の境界線とは夫婦の間でよくあるのが、夫が知らない女性と食事をしているところを目撃したり、いかにも職場の女性らしき人といちゃいちゃしているところを目撃したときに、浮気なのか不倫なのか、いつから?と妻が深く不安になることです。
この状態では妻が1人で悩んでいるにすぎず、実際には不倫には該当しません。

日本の法律の上では、「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係をもつこと」という定義があります。
この場合の配偶者というのは、婚姻届けを出している夫婦に加え、内縁関係も含まれており、配偶者の幅は通常の解釈よりも広くなります。

そして自由意志で肉体関係をもつことに関しては、無理やり誘われたとか、脅迫されてという意味ではなく、お互いに好意を持ち、了解の上で、セックスのときに挿入がされたときに不倫となります。

そのため、通常は夫か妻が配偶者以外の異性と食事をしたり、飲み会などの席でキスやハグをした程度では不倫になりません。
それに不倫専門SNSのアシュレイマディソンに登録していただけでもセーフとなります。
むしろ職場の異性と一緒にラブホに入って2時間3時間出てこないことの方が不倫を推認されてしまいます。

不倫は先にも述べたようにセックスにおける挿入の有無で確定しますが、実際は証拠写真を撮ることは不可能でしょうし、隠し撮りすることも法に触れますのでできません。

結果的にいかにも黒に近いグレーの状態を推認していく方法が取られています。
そのためナビにラブホが登録されているとか、メールやLINEでこの間は気持ちよかった!などのメッセージが推認のきっかけになることもあります。

不倫する男女の特徴を徹底調査

不倫する男女には特徴があり、それぞれにボーダーラインを持っていることがあります。
先に述べた法律上の不貞行為とは別に、男女それぞれでどこからが不倫だと思っているのかをじっくりと見ていきましょう。

男性が思う不倫だと判断するラインとは?

男性が感じる不倫について、最も多いのは、妻が他の男性とセックスをしたら不倫と断定する考え方です。
やはりどのような理由があったとしても体を許すのは不倫として認識することが多く、ショックを受けたり落ち込んだり、終わったと思うことが多くあります。

男性の基準

それ以外では、特定の男性と頻繁に行動を共にしていることも不倫ではないかという意見もありました。
頻繁に行動を共にすると、お互いによく知る機会にもなるので自然に好意を抱くようになるという解釈もあり、お互いに好意を寄せあうようになれば不倫だという意見もあります。

夫として不倫と判断するボーダーラインになるのはこのあたりが多くありましたが、やはり具体的な肉体関係の有無よりも特定の男性と接触することが増えて、その回数や時間帯によっては不倫を疑うか、不倫をしていると判断することがあるというのもありました。

女性が思う不倫だと判断するラインとは?

夫の意見と同じように、夫が他の女性とセックスをしたら不倫と判断する意見が多くあります。
女性の場合はそのセックスの相手が単なるセフレではなくて、気持ちも傾いていて将来一緒になろうなどのような約束をしているときにも不倫と判断することがあります。
女性は不倫を単なるセックスでは片づけないでその先の結婚まで見据えて考える傾向があるといえます。

女性の基準

また、女友達や近所の奥さんが、知らない既婚男性を自分の家に上げているところを目撃したときも不倫と判断することがあります。
気持ち的には家政婦は見た!という状態でしょうが、女性の場合は一概に決めつけてしまうよりも静かに見守って確信するまではじっとしていることが多く、現実的な行動をとる方が多いといえます。

男性よりも女性の方が現実的に証拠や確信を得てから不倫だと判断することが多いといえます。
一つ言えることは男性でも女性でも不倫SNSや不倫サイトに登録した時点で不倫と判断されるので、相手にばれて裁判沙汰になるときは不倫サイトへの登録実績がカギになってくるようです。

不倫の原因は夫婦の関係性に問題がある

不倫は男女ともに夫婦間で気持ちが満たされないと感じていたり、セックスレスによって夫婦関係に不安を感じたり、悲しみを感じていることが引き金になりやすいものです。
夫婦で一緒に相手が自分に愛情がないようだと感じていれば、十分に不倫する可能性があります。
そのため、修復は浮気と違って非常に難しいことがほとんどです。